私もしかしたらうつ病かもしれない|うつ症状の特徴と治療法

植物

うつ病になる原因は?

うつ病になる原因には何があるのでしょうか、予想しないことでも、うつ病の原因になることもあります。自分に少しでもうつ病の症状ある方はこの記事を参考にして、うつ病かどうか判断するのに役立てて下さい。

婦人

うつ病の進行段階

うつ病の症状に進行段階があります。この進行段階をみて自分や周囲の、うつ病の可能性のある人がどの段階なのか、確認をするようにしましょう。なるべく早く治療を開始すると早期治療に繋がり回復も早くなります。

カウンセリング

家族がうつ病になったら

もしあなたの家族やパートナー、友人など近い存在の人がうつ病になった場合は、言葉かけに注意をする必要があります。なるべくポジティブな言葉かけをすることによって、症状が回復する可能性もあります。

医者

再発させないために

うつ病になると、症状によっては治療期間が長くなる場合があります。さらに、完治したと思っても再び再発する可能性も高いので、しっかりと治療をすることが大事です。ここではうつ病を再発させないためのポイントをお話しします。

うつ病って何?

悩む人

最近よく聞くようになった「うつ病」って、どんな病気なのでしょうか。なんだかやる気が出ない、食欲がない、気分が落ち込む、何をしても楽しい気持ちにならない、といった症状が続いている場合はもしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は脳の機能障害が起こって引き起こされ、身体的ストレスや精神的ストレスが重なると発症する可能性が誰にでもあります。脳が通常の人と比べて、うまく働かないのでネガティブな思考になりがちです。そんな症状が続くと、どんなに小さいことにも引っかかってしまい、そんな小さいことを気にする自分はダメ人間だ、と思うようになり、悪循環に陥ってしまいます。重症化すると、自分は居ない方がよい存在だと思い込んでしまい、やがて自分を傷つけてしまいます。ここまで進行すると治療も長くかかってしまうので、なるべく早めに治療をすることがおすすめです。うつ病になる人は、年々増加傾向にあります。うつ病が増える理由には、どういったものがあるのでしょうか。まず、うつ病について情報や認識が広がっているので、ちょっとした症状でも受診する人が増えているのも理由の1つです。うつ病の診断には心療内科に行く必要がありますが、ハードルが高いというイメージがまだ残っています。そのため、うつ病患者のSOSを見逃さない為にも、心療内科に気軽に相談しよう、という風潮が最近起こっているので、一昔前に比べて心療内科に行きやすくなったのも、患者数が増えた理由の1つです。また、社会・経済的などの環境でうつ状態になる人が増えているのも事実です。貧困の格差、家庭環境、仕事の環境などの様々なシーンで、ストレスを感じる人が増えています。さらに、うつ病の診断の基準が広がっているのも理由としてあります。うつ病は1日中、気持ちが重い、落ち込んだ気分になるのが代表的な症状です。こうした症状だと、うつ病だと診断されやすいですが、もっと掘り下げると、普段服用している薬、性格や環境などが関係していることもあります。そのため、うつ病と診断されても、実は統合失調症などの他の精神疾患が隠れている可能性もあります。このようなことから、うつ病の診断は非常に繊細で難しい要素を含んでいます。本当の疾患があるにもかかわらず、うつ病の診断とされてしまうと、別の疾患の早期発見と早期治療が遅れてしまいます。医師に相談する際に、丁寧に話を聞いてくれ、多様な視点の持ち主の医師に相談をするようにしましょう。うつ病はひとくくりに考えて治療を受けるのではなく、その人に合った適切な治療法があると知っておくのが大切です。