私もしかしたらうつ病かもしれない|うつ症状の特徴と治療法

  1. ホーム
  2. 家族がうつ病になったら

家族がうつ病になったら

カウンセリング

風邪などで体調を崩してしまうと、周囲の人や家族に励ましてもらうと嬉しいですよね。しかし、うつ病になっている人に対して、励ましの言葉をかけるのは逆効果になるので注意が必要です。うつ病の人は症状が出るまでに、精一杯全力で頑張ってきているのをまず理解しましょう。それなのに、「頑張れ」と言われると、「まだ自分には頑張りが足りないんだ」と理解し、責められているように捉えてしまい、さらに自分を責めて落ち込んでしまうので症状が悪化する可能性があります。そのため、周囲の人がうつ病に気が付いたら、その時点でもう努力ができない状態、限界まで頑張っている状態なので、「よく頑張ったね」「一緒に頑張ろうね」「ゆっくり休んでいいんだよ」と言うように、サポートをするというニュアンスで声掛けをすると、頑張りを認められた、私は休んでいいんだ、と判断して喜ばれます。特にパートナーや家族など、近い関係の人がうつ病になると、どのように声をかければよいのか悩んでしまいますよね。ついいつもの調子で「いつまで○○してるの?」「いい加減にして」「もう知らないよ」など追い打ちをかけてしまいがちですが、この言葉は症状が悪化するので厳禁です。うつ病患者の元気な時も知っている関係だと、「前はできていたのに何でできないの?」と思ってしまうのが、正直な所かもしれません。しかしここはグッと抑えて、あなたをサポートするよ、と言う言葉をかけてあげて下さい。また、職場にうつ病患者の人が居る場合には、できるだけ話を聞く立場に立って、少しでも悩みを聞いてあげましょう。会社では、人間関係や仕事の責任などがストレスの原因となります。そのような症状が出た場合は、長期休暇などを利用して十分な休暇を取得しないと治りません。そのため、同僚や職場の人が長期休暇を取得しても、「なんで長期休暇をとるんだ」という風にとらえずに、「ゆっくり休んでね」といった立場になってあげましょう。うつ病の人には、常にポジティブな言葉をかけるように心掛けましょう。昨日できなかったことが今日できるようになったら、褒めてあげて下さい。例えば、「朝早く起きられるようになったね」、「夕飯全部食べられたね」など、できて当たり前のことでもポジティブに捉え褒めるようにしましょう。