私もしかしたらうつ病かもしれない|うつ症状の特徴と治療法

  1. ホーム
  2. 再発させないために

再発させないために

医者

うつ病が完治したらもう再発させたくないですよね。しかしうつ病の再発率は、約60%と高く半分以上の人が再発してしまいます。こうならないためには、どうしたらよいのでしょうか。その方法を詳しく探っていきましょう。まず、うつ病の症状を無くすには、医師の診断にかかった上で薬物治療や十分な休息などで回復を図ります。しかし、学校や仕事を長期にわたって休んでいると、まじめな性格のうつ病患者は、こんなに長く休めない、といって症状がまだ完璧に回復していないのに復帰してしまうことが多くあります。そうすると、学校や会社に復帰した状態で治療を進めなければいけないので、時間的にも精神的にも、十分な治療を受けるのが難しくなります。この場合、処方された薬でどうにか症状を安定させており、非常に不安定な状態に陥りやすいため、周囲にいる人は細かいフォローや対応が必要になります。職場や学校に復帰した後は、周囲の人たちにしばらくは症状が出るかもしれない、と理解してもらいサポートをしてもらうようにしましょう。もし、うつの症状が出そうになったら、乗り越えるのも良いですし、周りにサポートをお願いして素直に甘えるのも良いでしょう。自分のペースをしっかりと把握して、無理だと思ったらすぐに助けを求めましょう。このように、周囲の助けを借りながら、うつ病と向き合い少しずつ自分自身のコントロール方法を学んでいきます。そんな中で、処方された薬の服用を継続することも大切です。しかし、症状が回復してきたら薬を弱める、量を減らすなどをして少しずつ、薬が無くても大丈夫な自分を取り戻す必要があります。うつの症状を抑えるために薬を飲むのは大切ですが、うつ病の原因となっている根本的な理由を知り改善しないと、再度うつ症状が出てしまう可能性が高くなります。根本的な原因の改善をするには、その問題の対応に慣れている人、またはプロのカウンセラーや医師に協力してもらうのが良いでしょう。うつ病患者が抱えてている悩みは、私たちの予想をはるかに上回るぐらい大きく、素人で対応するのは難しいものがあります。完璧に自分をコントロールできるようになり、根本的な原因も改善でき、薬も服用しないでも症状がでなくなったら、本当の完治を迎えることが出来ます。